スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

キーフレームの打ち方

こんにちは。
1年6ヶ月振りのブログ更新!!!
早い!早すぎる!まさかこんなに更新してないとは思いもしませんでした・・・

それはさておき、今回仕事の案件で他人のアニメーションデータを確認することがあって気になった箇所があったので記事にしました。

皆さんはキーフレームを打つときはどう思って打ちますか?
Sキー押すとかWキー押すとかじゃないですよー

色々あるとは思うのですが
キーフレームを打つ=ポーズの決め、タイミングを取る
(動きが変わる瞬間、変化の出始める箇所)ではないでしょうか。
アニメで言う原画ですね。

では下の画像をご覧下さい。
画像の上が正しく、下が間違いです。

これが実はその仕事の案件で某アニメーターがやっていたキーの打ち方でした。
キーの移動が面倒とか、30フレだし、キー少ないしいいか~って思うかもしれませんが止めましょう。
このやり方をしてしまうとアニメーションの変化が生まれる箇所にキーが打たれてないのでタイミング(スペーシング)の変更が難しく、ぱっと見、グラフとタイムラインが一致しないので気持ち悪いのではないでしょうか?
これはタブーなので改めて言いますが、今すぐ止めましょう。
キーがあるところがポーズの途中の流れ、キーが打たれてないところがメインキーってありえないですよ。

キーは命です。