スキップしてメイン コンテンツに移動

Softimageのカラーパスのやり方

*この記事には誤りがありましたが修正しましたご迷惑おかけしました*

大変お久しぶりです。TwitterのおかげでBlogを書くのが激減しております。
さて挨拶はさておき、Softimageでいつものように仕事をしていてパスを分けて
レンダリングするよりもレンダチャンネルを使ったほうが効率的かと思い設定していて
ふと気づいた事がありまして、深度やスペキュラ、アンビエントなどがあるのに
フラットなカラー(シャドウやスペキュラのないマットな状態)ってなくない?下の画像のColorPassのようにしたいのです。↓

これってかなり重要じゃないですか?私だけですかね?
どちらにしても私には必要だったので色々調べたのですが、これがなかなか厄介でいい解決策が見つからなくて困ったので、困った時のTwitterで質問してみたところ解決策がありました。
まず最初にJunkiさん、masktkhさん、marupuraさんありがとうございました。
masktkhさんの解決策としてはパスでパーティションを分けて新規マテリアルをすると言うものでした。
例えばこれは全オブジェクトがPhongなどを持っていても新たにConstantなどを上書きするというものです。
あと、記事を書き終わった後に補足を頂きましたのでリンクしておきます。
オーバーライドとエクスプレッションで同じ事をしておりますので
こちらをご覧頂いた方が分かりやすいと思います。
http://twitpic.com/4no6k2

次にmarupuraさんの解決策はアンビエントを1にしたアンビエントパスか、2011以降ならフラットライトを置くというものでした。
アンビエントを1にしてアンビエントパスを設定しようと思ったのですがうまく行かなかったのでフラットライトを置いて強度を1にしたところ出来ました!
こんな簡単に出来るとは思いませんでした、ありがとうございます。>
かなり簡単で有効なので2011以降をお持ちの方はこの方法でもいいかもです。
ライトもパーティションをする事が出来ましたのでこの方法はオススメです!


次にJunkiさん
先に画像を見た方が早いと思うのでまずは画像から
全マテリアルで、上記の様にmix2なんかを挟んだツリーを組み、カラーパスにおいて、1つのパーティションに、カラーのみにしたいオブジェクトを全て1つのパーティションに入れます。
そのパーティションで、mix2のウェイトに1でオーバーライドかましてあげる。
そのパーティションに入っているオブジェクトが元々どんなマテリアルを持っていたとしても、ツリーの最後に必ずmix2があるので、1つのオーバーライドでイッキに上書きできますとの事です。


Junkiさんのやり方からヒントを得て私なりの解決策は
これも結構大変ですが・・・
まずは下のようにレンダーツリーを組みます。

ほとんどJunkiさんと変わりませんが唯一違うのがStore_Color_in_Channelを使うところです。
これはレンダチャンネルに新しく追加出来るものです。(こんなんで作れたのか・・・)
Store_Color_in_Channelをクリックすると左の画像のようなPPGが出てきます。
ここの追加から任意の名前します。ここではToFlatColorにしました。
後は単色なら入力から任意の色、テクスチャを貼っているなら接続からテクスチャを追加。
これさえ組んでしまえば、あとは簡単で、Mixcolorのウェイトは1にして、この場合はPhong(テクスチャ)を表示しておきます。
もちろん、マテリアルの数だけ設定する必要はありますが。

あとはレンダーマネージャーでレンダチャンネルから追加で、先程追加したToFlatColorを選択してレンダーします。
すると画像のように、def_main.1.pngとdef_color.1.pngの2つが一括でレンダリングされ、def_main.1.pngはBeautyPassのような、def_color.1.pngはColorPassのような結果が得られます。
私はレンダチャンネルで一括レンダーしたいのでこちらを今後使うかもしれません。
もっと良い方法をご存知の方はぜひ教えて頂きたいと思います。
普段良く使うであろうColorPassを見事に複雑にしてくれた嘔吐机さんあっぱれです。

アドバイス頂いたお三方ありがとうございました。
アドバイスなしにはこのような解決策?には至りませんでした。

もっといい方法あるんかなぁ~

コメント

このブログの人気の投稿

収縮と伸縮(SQUASH AND STRETCH)

今回はアニメーションの12の原則のうちの一つ
スクワッシュとストレッチ(以下SaS)です。
これはキャラクターが動く時に柔らかさを与える事が出来ます。
動きを付ける上でこのテクニックは非常に便利で顔の動きを付ける際にも有効です。
SaSの使用はショット(カット)のアニメーションで
どの程度変化させるか見極める必要があります。
見方を誤るとぐにゃぐにゃなキャラになってしまうので注意です。

スローで無い限りはほんの少しでもSaSを入れる事で硬い動き、表情を和らげる事が出来、
非常に自然な動きを作ってくれます。
現実には皿やボウリングボール、鍋など
形状変化しないもの意外はなにかしら柔軟性を持っているので
適切なSaSを入れてみて下さい。

昔のディズニーではこれを発見した際にはやたらめったら入れていたのでぐにゃぐにゃに
なった傾向がありましたが今は全くそんなことはないですね。
昔の作品で非常に参考になる動画があるので顔を中心に観察してみて下さい。


いかがでしょうか?
このようにSaSは非常に有効な手段と言えると思います。
これはアニメーションをマスターする上で頻繁に使うテクニックなので
ぜひ覚えておいて下さいね。

次回はアンティシペーション(ANTICIPATION)予備動作です。
この記事に関わらずこれからアップする記事はコメントがあり次第
削除したり、追加していく予定です。
気になる事があればコメントにどしどし投稿をよろしくお願いします。

MAYA Free Rig

アニメーションされている方で11secoundsを知らない方は少ないと思いますが、
そこのサイトでよく使われているフリーリグがあるのでご紹介です。

こちら

もとのリグモデルをカスタム出来るようになっていて、いろんな種類のキャラクターが
作れるようです。


Anitoon Academia卒業

こんにちは。

今月、晴れてアニメーションオンラインスクールのAnitoon Academia Level.1を卒業しました。

軽く流れを説明しますと、オーバーウォッチで有名(僕はウォークラフト)な
ブリザードのシネマティックアニメーターをしている洋平さんが受け持っている
レベル1の基礎クラスを受講しました。

僕はアニメーター歴15年ですが、レベル1を受けようと思った理由として
この業界で明確に言葉にして教えてもらったことがあまりなく基礎がモヤモヤしていたため、
ここでしっかりと基礎をマスターしておきたかったのです。

しかも洋平さんがアメリカの大学で受けていたピクサークラスの12の原則を学べること、
そして日本語で対応して頂ける、この時点で受けない理由はないと思い受講を決めました。

授業の内容は1週間に一度クリティーク(評価会)があり、早めにクリティークを受けたい場合は
メールで対応可、それを12週間みっちり行います。

制作しているとどんどん盛込みたくなりますがそれでは1週間のノルマがキツイので
なるべくシンプル、シンプルに、かつその時の授業のテーマを100%落とし込むことを意識しました。
でもリールを見て頂ければ分かりますが非常にシンプルで面白みはないかもしれませんが、
かなり細かく調整しています。

洋平さんのクリティークは分かりやすく丁寧で、かなりピッキーなところまで指摘して頂き、
その修正を反映すると必ず良くなりアピーリングもみるみる良くなるのが感じ取れました。

授業の詳細は省きますがやってよかったのは何より
自分が求めていたアメリカで実際に学んでいた経験を日本で学べること、
モヤモヤしていた基礎がパッと晴れたことです。

そして、同じモチベーションを持った受講生に出会えたこと。
クリティークを受けながらお互い刺激し合い、助け合い、とても良い環境が作られ本当に楽しかったです。

仕事をしながら授業内容をこなしていたので大変と言えば大変でしたが
何より得る方が大きくて受講して良かったと思いました。

日本語でのアニメーションオンラインスクールも増えてきて
せっかく本場の方々が教えてくださるので日本に住んでいる学生、社会人の方は
一度受講するのをオススメします。

レベル1と言えど簡単ではありませんが今後数十年とアニメーターでやっていきたい方は
こ…