スキップしてメイン コンテンツに移動

お盆

今回はすこーし重い話かもしれないので苦手な方はスルーしてくださいね。

もうすぐお盆ですね。
実家に帰る方も沢山いるかと思います。
私は先週、お墓の掃除をしに帰りました。台風後ということもありましたが、7時間かけて終了。
沖縄のお墓は小さい家のようになっていて広いんです(汗
整備されていたら掃除も楽だと思うのですが、うちは整備していないので草ボーボーなんです。
さて、お盆になって思い出すのがおじいちゃん、おばあちゃん。
わたしの父方の祖父と祖母は8年前に亡くなり、母方の祖父もいません。
今は母方の祖母だけです。
せっかくお盆が近いので、その祖母の戦争体験で唯一聞いたお話をしたいと思います。

祖母がまだ30代の時に戦争が起き、子供を抱え逃げていたそうです。
食べるものもない、ただ苦しいだけ、いつ終わるとも分からない戦争に嫌気がさしていました。
ある日、逃げた先が崖で、目の前には米軍兵、そのまま殺されてしまうんだろうと思っていたら
米軍兵が一つの手榴弾を手渡しました。
言葉は通じなくとも何を伝えたいかはすぐに分かったようで、ようは集団自殺をしなさい、と。
周りを見渡すと同じように手榴弾を手渡された家族がそこら中にいて、
あそこで爆発、ここでも爆発、みんな死んでいったんだそうです。
そしていよいよ自分達も覚悟して、子供たちに謝り、栓を抜いて地面に手榴弾を叩きつけました。

結果、爆発しなかった。

不発弾だったんですが、それでも死のうともう一度叩きつけ、それでも爆発しないので
米軍兵からもう一つもらおうと思ったらそこには米軍兵はいなかった。
周りには生きている人たちはいない。
だけど自分達はいる。
そう思ったら、せっかく残った命を大事にしようと思ったそうで、そのまま終戦まで
逃げ切ることが出来たんだと話していました。

実はこの戦争は米軍兵よりも日本兵が鬼畜だと聞いたことがあります。
米軍兵は怪我をした日本人を助け、手当をし、遊び、降伏をしたなら世話をする。
日本兵は洞窟に身を隠していて、赤ちゃんが泣いていたら子供を殺せと言ったり、
変なことをするようなら非国民と言ったり。
戦争に正しいもないけど日本は負けて良かったんじゃないかとこの話を聞くとそう思えてきます。


そんな体験をした祖母も御年94歳長生きしてます。
しかし、だいぶ前から弱っていて寝たきり状態で自分でご飯も食べることが出来ず入院してたり
したのでが、つい最近、余命2ヶ月と宣告されてしまいました。
2ヶ月と言っても、まるまる生きられるわけではなく、いつ旅立ってもおかしくない状態なんだそうです。
現に8月4、5、6日に起きた台風の最中、危篤状態になったけど持ち越しました。
ただ、最悪なのが入院中に握りこぶしくらいのガンが見つかり、全摘出すると体がもたないので
半分摘出して、体に残した状態になっています。
医者曰く、これが限界だそうです。
今、祖母はモルヒネを打たれて、意識は朦朧として自分がどういう状態なのか分からないでしょう。
モルヒネを打たないと、ガンの残った状態では相当に痛いそうで、打たざるおえないんです。
人生のパートナーを早くに亡くし、女手一つで子供を6人育てた強い祖母。
60歳過ぎても養豚場を経営していた祖母。

神様は楽には人生を全うさせてくれませんね。

先週の日曜日に会ってきましたが、元気そうでした。
また今度会いにいかなくては。

まだまだ祖母は強い。
あの戦争を生き抜いてきたんだから。

なんか暗い話になっていますが、気持ち的には沈むんではなくて
94歳になっても元気なことに驚きで、
純粋に楽に楽しく生きてほしいなと思うわけです。

俺もがんばらんと。



コメント

このブログの人気の投稿

収縮と伸縮(SQUASH AND STRETCH)

今回はアニメーションの12の原則のうちの一つ
スクワッシュとストレッチ(以下SaS)です。
これはキャラクターが動く時に柔らかさを与える事が出来ます。
動きを付ける上でこのテクニックは非常に便利で顔の動きを付ける際にも有効です。
SaSの使用はショット(カット)のアニメーションで
どの程度変化させるか見極める必要があります。
見方を誤るとぐにゃぐにゃなキャラになってしまうので注意です。

スローで無い限りはほんの少しでもSaSを入れる事で硬い動き、表情を和らげる事が出来、
非常に自然な動きを作ってくれます。
現実には皿やボウリングボール、鍋など
形状変化しないもの意外はなにかしら柔軟性を持っているので
適切なSaSを入れてみて下さい。

昔のディズニーではこれを発見した際にはやたらめったら入れていたのでぐにゃぐにゃに
なった傾向がありましたが今は全くそんなことはないですね。
昔の作品で非常に参考になる動画があるので顔を中心に観察してみて下さい。


いかがでしょうか?
このようにSaSは非常に有効な手段と言えると思います。
これはアニメーションをマスターする上で頻繁に使うテクニックなので
ぜひ覚えておいて下さいね。

次回はアンティシペーション(ANTICIPATION)予備動作です。
この記事に関わらずこれからアップする記事はコメントがあり次第
削除したり、追加していく予定です。
気になる事があればコメントにどしどし投稿をよろしくお願いします。

MAYA Free Rig

アニメーションされている方で11secoundsを知らない方は少ないと思いますが、
そこのサイトでよく使われているフリーリグがあるのでご紹介です。

こちら

もとのリグモデルをカスタム出来るようになっていて、いろんな種類のキャラクターが
作れるようです。


ストレートアヘッドとポーズトゥポーズ (STRAIGHT AHEAD AND POSE TO POSE ANIMATION)

第3回目はストレートアヘッドとポーズトゥポーズです。

この方法はアニメーションを付ける(描く)上でプロセスが微妙に異なります。
STRAIGHT AHEADはアニメーションをスタートからエンドまで順を追って付けるのに対し、
POSE TO POSEは見せたいポーズ、分岐点、重要な箇所、タイミングをあらかじめ付けておき、
スタートからエンドまでの大まかな流れが決まったら、その間を補完するようになっています。

STRAIGHT AHEAD
アニメーションを付けながら、次はどう動かしていこうかという新鮮さ、自発性があるが、
アニメーションが間延びしがち。
制作し始める時点ではどう動かすかが明確で無いため、慣れないうちはうまくいかない。
ここで言う新鮮さとは、付けて行く段階で新しい発想が出てきたり、偶然にも良いポーズが
出来たなどの意味合いで使っています。

POSE TO POSE
動きのコンタクトの位置、タイミングを先に決めておく事で詰める前に全体の流れが確認できる。任意のフレームに納められる。
計画性に富む。

私は短いループや、短い単純なアクションの時はよくSTRAIGHT AHEADを使います。
1秒、2秒程度なら大体のアクションの限界と流れの予想がつきますし、
経験でカバー出来る部分が大きいのでその方が早い場合があるからです。

POSE TO POSEは比較的長い尺の時や、全体の流れを見たいとき、上司にチェックをしないといけない場合などに 詰める前に確認、修正出来る為、こちらを多用します。
海外でチュートリアルを見ても、POSE TO POSE(ブロッキングとも言う)が主流であり、
先ほども述べたように、早い段階で全体の流れが見れるのが最大のメリットになります。
POSE TO POSEを使う場合は注意する事があり、グラフエディタでのカーブの種類はスプラインではなく、 ステップを使うようにしましょう。 そしてPOSE TO POSEは完成の7割くらいまで使い、残りの3割はPOLISH(詰める)する作業に
当てると良いと思います。


まれにSTRAIGHT AHEAD と POSE TO POSEを混ぜる事もあるようですが、私が使った事無いので 割合させて頂きます。